弁護士紹介

中井 信郎(東京弁護士会)

 2008年12月に弁護士登録を行い、2012年秋から多摩地域で執務しています。
ご縁をいただき、2021年5月より当事務所の一員に加えていただきました。
 一般的な民事事件や離婚や相続を含む家事事件、刑事事件などを広く扱っています。
 体の不調があるときはお医者さんにかかるように、暮らしのなかで困りごとがありましたら、ぜひお早めに、そしてお気軽にご相談いただければ幸いです。

  • 早稲田大学法学部卒業、中央大学大学院法務研究科(法科大学院)修了
  • 2008年12月 弁護士登録(長崎県弁護士会)
     長崎県における裁判員裁判第1号事案の刑事弁護を担当
  • 2012年10月 東京弁護士会へ登録換え
  • 東京三弁護士会多摩支部 法律相談委員会委員
     同委員会中小企業支援プロジェクトチーム メンバー
  • 東京三弁護士会多摩支部 高齢者・障害者の権利に関する委員会委員(2016年度委員長)
  • 東京三弁護士会多摩支部 消費者問題対策委員会委員
  • 東京三弁護士会多摩支部 法教育に関する委員会委員など
  • 全国倒産処理弁護士ネットワーク会員
  • 刑事弁護フォーラム会員

 消費者問題が関係する相談には、関心を持って取り組んでいます。近年では、カネボウ化粧品の白斑被害弁護団の一員として、被害の回復にあたりました。
  また、弁護士会多摩支部の中小企業支援プロジェクトチームに加わり、多摩地域の中小企業やその経営者の方のご相談や、支援機関や関係業種の方との連携にも努めております。
  事件処理を離れたところでは、小学校、中学校における「いじめの予防授業」や大学等のゼミでのゲストスピーカーや非常勤講師などの活動も、積極的に行っています。