←前のページ 次のページ→   2004年5月1日  
趣味の話(第1回・読書編)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉田 ・・・・・・
 私の趣味は「読書・音楽鑑賞・映画鑑賞」です。自己紹介欄に書くにはあまりにありきたりですが、事実なのでしょうがありません。
 そろそろこのページのネタも尽きてきたので、今回はそのありきたりな趣味について書こうと思います。
 私は生まれた時から本に囲まれて育ちました。両親ともに本好きで幼い頃から誕生日やクリスマスには本が与えられ、そのプレゼントを大喜びで受け入れていた私は、ちょっと変わった子だったかもしれません。年を重ねるごとに「読書好き」は「活字中毒」の様を呈していき、今はそこまでではありませんが、一時期は電車に乗るときはもちろん、お風呂で頭を洗っているときにもシャンプーに書かれた説明や注意書きを、毎回熱心に読んでしまうほどでした。ちなみに自転車に乗りながら漫画を読んだこともあります。(すみません)
 本を買うときは、好きな作家の未読の本を選ぶことが多いです。でも、当たり前ですが出版されるペースよりも私が読むペースの方が格段に早いので、未読の本もすぐに尽きてしまい、「なんか読みたいけど、何を買おう・・・」と本屋さんで途方に暮れることも多々あります。そんな折、事務所のある弁護士が画期的な方法で本を購入していることを知りました。当事務所がお世話になっている本屋さんに、毎週1回お勧めの文庫本を配達してもらうのです。3人の方が交代で選んでくれるのでジャンルもバラバラで、自分では選ばなかったであろう本を読むことによる新しい発見もあるだろうなあ、と大変羨ましいです。そういう贅沢な時間をもてる大人になることが、最近の私の目標です。

 →このサイトについて