←前のページ 次のページ→   2002年12月1日  
「マチ金にご注意」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・西郷 重人・・・・・・
 「日野市民法律事務所の○○弁護士の代わりに連絡します、支払の必要がありますので至急××銀行にお金を振り込んでください。」
 これはマチ金、いわゆる「090金融」といわれる業者が取立のために依頼人にかけた電話です。電話を受けた依頼人の方から確認の電話が来て発覚しました。
 今凄まじい勢いでマチ金業者が巷にはびこっています。小口の貸付をしてトイチ、トサン(10日で1割、3割)或いはそれ以上の超高利金利の取り立てを強引に、暴力的に行うものです。これは違法の貸付です。犯罪です。ゼッタイに近づいてはいけません。
 間違ってマチ金から借りてしまった方、勇気を持って「払えません」と言いましょう、勿論それで引き下がる手合いではありません。
 ひどい取立行為などがあるときは最寄りの警察署に相談に行ってください。
 長引く不況の中、失業者が倒産などで収入を失ったり減収に陥って経済的に苦しんでいる方が大勢います。
 金策にいき詰まって借りてしまう、返しきれずに返済の為に更に借入を起こす、この繰り返しの結果マチ金に手を出してしまう。
 毎日おおくの時間がこのテの業者への対処を含む金融関係(債務整理)の仕事でとられています。
 近頃結構本気で世の中が憂えています。政府は国民にイタミをどこまで押しつける気か。 私は本当に首が回らない。

 →このサイトについて