←前のページ     2009年4月20日  
七生養護学校「こころとからだの学習」裁判
2009年3月12日、原告勝訴
原告団を含む3団体の声明文 
東京地裁判決についての声明
2009.3.12
 「ここから裁判」原告団
「ここから裁判」弁護団
「ここから裁判」を支援する全国連絡会
1 本件は,特定の学校における具体的な教育実践に対して,政治家である都議が「不適切」と断 じて直接的に介入し,これを容認した東京都教育委員会が,教員を厳重注意するなどして,その 教育を破壊した事案である。
本日,東京地方裁判所民事24部(矢尾渉裁判長)は,この事案において,教育に対する不当 な支配(旧教育基本法10条1項違反)を認定するなどして,損害賠償を命ずる判決を下した。
2 本判決は,以下の3点を認めた点で,教育裁判史上,画期的な判決と評価できる。
@ 政治家である都議らが,政治的な主義・信条に基づき,本件養護学校の性教育に介入・干渉したことを,本件養護学校における教育の自主性を阻害し,これを歪める危険のある行為と して,旧教育基本法10条1項の「不当な支配」にあたると認定したこと。
A 都教委の職員らはこのような都議の「不当な支配」から本件養護学校の個々の教員を保護す る義務があったと認定し,都議らの政治介入を放置したことに対し,保護義務違反と認定し たこと。
B 「厳重注意」は,一種の制裁的行為であることを認定するとともに,教育内容を理由として 制裁的取扱いをするには,事前の研修や助言・指導を行うなど慎重な手続を行うべきものと したこと。
3 七生養護学校に対する政治介入は2003年7月になされたが,その衝撃は,本件養護学校の 教員,生徒,保護者にとどまらず,学校現場で教育実践をしてきた教育関係者にも影響を及ぼし てきた。本判決が,都議及び都教委の違法を断定し,次のように明確に判示したことは,このよ うな多くの人々に勇気と希望を与えるものと評価できる。
「性教育は,教授法に関する研究の歴史も浅く,創意工夫を重ねながら,実践実例が蓄積され て教授法が発展していくという面があり,教育内容の適否を短期間のうちに判定するのは,容易 ではない。しかも,いったん,性教育の内容が不適切であるとして教員に対する制裁的取扱いが されれば,それらの教員を萎縮させ,創意工夫による教育実践の開発がされなくなり,性教育の 発展が阻害されることにもなりかねない。性教育の内容の不適切を理由に教員に制裁的取扱いを する場合には,このような点についての配慮が求められる。」(判決要旨)
4 本判決を契機として,本件養護学校はもちろんのこと,他の学校においても,教育の自主性が 尊重されることを強く求めて声明とする。
以上
控訴にあたっての声明
2009年(平成21年)3月26日
「ここから裁判」原告団
「ここから裁判」弁護団
「ここから裁判」を支援する全国連絡会
 七生養護学校「こころとからだの学習」裁判において、本年3月12日、東京地方裁判所(民事24部矢尾渉裁判長)が言い渡した一審判決は、都立養護学校の具体的な教育実践に対する政治介入に対し,?都議らの「不当な支配」(旧教育基本法10条1項)を認定した点、?都教委が都議らの介入から現場の教員を守らなかったことを保護義務違反と認定した点,?「こころとからだの学習」について学習指導要領違反・発達段階無視という被告らの主張を排斥して,逆に都教委の厳重注意処分を違法と断じた点,?被告らに損害賠償を命じた点で,わが国の教育裁判に画期的な一歩を刻んだものとして,評価に値するものであった。
 原告らは,判決を受け,都教委及び都議らに対し,判決にしたがい、今後は教育現場の自主性を尊重するように申し入れを行った。ところが,被告東京都及び都議らは,裁判所から断罪された違法行為を何ら反省することなく,それぞれ3月23日、25日に控訴するに至った。被告らが、東京地裁判決を受けてもなお態度を改めようとしない姿勢は,遺憾というほかない。
 原告らは東京地裁判決につき総合的な検討を重ねてきたが,同判決は,憲法の保障する教育の自由の侵害を明確に認定するところまでは踏み込んでいない点,産経新聞社の不法行為を認めなかった点など,不十分な点がある。
 そこで,原告らは,被告らの行為の違法性をさらに明らかにし,教員が子どもたちと真正面から向き合って創意工夫あふれる教育活動をすることのできる学校,こころとからだについてのびのびと学習できる教育を取り戻すために,原告側からも控訴することを決意し、3月26日同手続を行った。
 控訴審の勝利のために、全国の皆さんに一層のご支援をお願いする次第である。
以上

七生養護学校「こころとからだの学習」裁判のいま
↑Page Top
 →このサイトについて