←前のページ 次のページ→   2006年3月9日  
●その2
弁護士 山下太郎
●「新人弁護士のスペース」
 わが日野市民法律事務所にも,今年の10月から新人弁護士が入所することになった。今まで私が事務所全体で一番の後輩で下っ端だったわけだが,初めて私の後に入ってくる人ができることになる。
 そこまではよいのだが,問題なのは執務スペースが不足しているところである。現在ですら手狭なところに新しい人が入ってくるということで,どのようにレイアウトするのが合理的なのか,目下議論を重ねているところである。もっとも,私はもともと楽天的な性格なので,新しいひとが入ってくればそれなりに収まるだろうと漠然と考えているだけだが。
 それよりも私の目下の関心事は,自分の机の整理をいつどのようにするのが合理的かということである。頭ではどのようにすればよいのかいろいろと考えるのだが,考えているだけでは片づかないようだ。業を煮やした事務局に強制執行をかけらられる前に何とかしたいと思っている。

↑Page Top
Producted by 工房えすと Copyright (C) 2002-3Hino Civic Law Office All rights are reserved.  →このサイトについて