以下は順次公開予定
 
 
 
夫がほかに女をつくり、家に居着きません。ずいぶん私も考えたんですけど、もう一緒にやっていけないので、離婚したいんです。
離婚の決心は固いのですね。
では、まず、離婚の方法について簡単にお話しましょう。
段階的に、下記のような3通りの進め方があります。
  子どもが小さいので、養育費だけは、請求したいのですが。
  なるほど。他にも、親権、財産分与、慰謝料などをどうするのか、決めなくてはなりませんよ。
  私は口下手なので、夫と話し合う機会も含めて、最初から弁護士さんに間に入ってもらいたいのですが、できますか。
それから、お引き受けいただいてからの費用についても、お聞かせ願えませんか。
  はい、できます。次回の相談日に具体的なお話をうかがうことにして、そのとき、費用についてもご説明しましょう。もちろん、条件が合わなければお任せいただかなくてもかまいません。
1、協議離婚
夫婦2人の話し合いで、親権、養育費、財産分与、慰謝料などの条件を決めて市役所に離婚届を出します。
弁護士が代理人になって条件の交渉をしたり、2人の間の合意を文書にしたりすることができます。その際、(公証役場で公証人さんが作る)公正証書にすれば、養育費などの支払いがないときに、裁判をしなくても差押えすることができます。
2、調停離婚
条件面などで協議がまとまらないときに、話し合いの場を家庭裁判所にうつします。お互いの言い分を調停委員にきいてもらって、話がまとまれば調停調書になります。この調書には、判決と同じ効力があり、内容が守られない場合は、この調書に基づいて差押えができます。
婚姻関係を維持しながら別居するという調停もあります。この場合は、婚姻費用の分担が定められます。
3、裁判離婚
調停でも話がまとまらないときに、裁判を起こします。判決で、離婚すること、親権者、慰謝料などを決めてもらいます。
もちろん、判決の前に裁判官が中に入って話し合い(和解)することもあります。また、判決の場合は、法廷で本人の話も証人の話しもできます。
 →このサイトについて